獣害による被害

extermination

ハクビシン駆除は専門業者への依頼がおすすめ

都心でも被害が増えているハクビシンによる獣害をご存知ですか。ハクビシンは里山などに住むジャコウネコ科の野生動物で、もともとは農作物を荒らすことで知られていました。しかし近年、自然環境の変化などから首都圏を含む日本各地の住宅街での被害も多く報告されています。実はハクビシン駆除は誰でも出来るものではありません。鳥獣保護法により、実害が確認されない場合の捕獲は禁止されています。また、捕獲するためには自治体への届けが必要であり、罠を仕掛けるには狩猟免許が必要になります。そのため、ハクビシン駆除のためには専門業者へ駆除を依頼する必要があります。ハクビシンによる被害を疑ったら、まずは害獣駆除を行っている専門業者に問い合わせてみることをお勧めします。

駆除をしたら再発防止が大切

ハクビシンは住宅の屋根裏や床下に住み着くことで建物だけでなく、健康にも被害を与えることがあります。屋根裏に住み着いた場合は、糞尿などにより天井にシミが出来たり、天井板が腐ってしまったりということがあります。それも同じ場所に排泄する習性があるため、被害が大きくなってしまうこともあります。また、ノミやダニを保有しているために、アレルギーやアトピー性皮膚炎の原因にもなることがあり、そのような場合ハクビシン駆除は早急に行う必要があります。そのような被害の対策として、専門業者への相談、依頼を行う人が増えています。専門業者はハクビシン駆除を行うだけでなく、糞尿の清掃、消毒、再発防止のための工事も施してくれるため、ただ追い出すだけではない侵入を防ぐ効果が期待できます。ハクビシンによる被害を疑ったら、被害が大きくなる前に専門業者への相談を検討してみると安心です。